【徹底解説】「BookLive(ブックライブ)」の評判は?無料漫画やクーポン情報と一緒にメリット・デメリットを解説

BookLive(ブックライブ)とは?

電子書籍サービス「BookLive」は、100万冊以上の漫画・書籍の取り揃えをしている電子書籍サービスです。1万冊以上の漫画が1冊丸々無料で読めたり、クーポンなどでお得に購読できたり、魅力的です。一方で、「BookLive(ブックライブ)は使いにくい」との声も上がっているのですが、それはなぜでしょうか。この記事で「BookLive(ブックライブ)」を徹底解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

BookLive(ブックライブ)
のサービス概要

「漫画を読むならBookLive(ブックライブ)!」のCMで知った方も多いのではないでしょうか。国内最大級の電子書籍サービスで、2020年9月に行われた「電子書籍・電子コミックに関する調査」では、使いやすい電子書籍ストアNo.1に選ばれています。

 

【サービス概要】

作品数 100万冊〜
無料作品 1万冊〜
閲覧作品 漫画・小説・週刊誌・写真集など
ジャンル 少年・青年漫画/少女・女性漫画/ラノベ/小説・文芸/ビジネス実用/雑誌写真集/アダルト/TL/BL
公式アプリ あり
同時利用端末 最大5台
利用可能な端末 スマートフォン・タブレット・PC
支払い方法 クレジットカード決済・携帯キャリア決済・電子マネー決済・スマホ決済・ポイント決済・プリペイド決済・三省堂書店店頭決済
無料ダウンロード
海外からの利用 不可

 

BookLive(ブックライブ)
の特長

「BookLive(ブックライブ)」では、購入した電子書籍をいつでもどこでもスマホ・タブレット・PCなどでサクッと読める手軽さが魅力です。

電子書籍サービスの中でも「BookLive(ブックライブ)」ならではの特長について解説していきます。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえる

「BookLive(ブックライブ)」では、初めて会員登録をするユーザー限定に、「50%OFFクーポン」を発行しています。

全ての電子書籍が半額で購読できるのでお得です。

品揃えの豊富さは国内最大級

「BookLive(ブックライブ)」では、数多くの連載漫画や月刊雑誌などと提携しているので、なんでも読めます。

【提携雑誌】

  • 少年ジャンプ
  • 少年マガジン
  • 少年サンデー
  • 別冊フレンド
  • 花とゆめ
  • Kiss
  • 電撃文庫
  • MF文庫
  • ゴルフダイジェスト
  • 週刊東洋経済
  • Sports Graphic Number
  • MEN’S EX
  • MORE
  • Seventeen など

来店ポイントを使えば完全無料で電子書籍が読める

「BookLive(ブックライブ)」の無料会員になってから1日1回サイトにアクセスすると「来店ポイント」が付与されます。

来店ポイントは、1ポイント=1円の価値があるので、コツコツ貯めるだけで1冊漫画が無料で読めるチャンスあり。

検索のブックマークなどに登録しておけば、毎朝数秒で1ポイント貯められるので、無料で電子書籍が読みたい!という人にはおすすめの機能です。

Tポイントカードが貯まる・使える

「BookLive(ブックライブ)」ではTポイントを貯めたり使ったりすることが可能です。

キャンペーン対象作品やまとめ買いポイントバックなどのキャンペーン時には、高い還元率でTポイントが付与されるチャンスがあります(最大還元率3%になることも)。

さらに、毎月の購入金額によってランク分けされ、ランクに応じた付与率でボーナスポイントがもらえるので、Tポイント制度がお得です。

無料やセールの情報が充実している

「BookLive」では、常に1万冊以上の電子書籍が無料で丸々読むことができます。

他の電子書籍サービスと比較しても無料作品が多く配信されているので、通勤通学の隙間時間に、お金をかけずに利用可能です。

さらに、全作品50%OFFなどを含む「クーポンガチャ」が毎日引けたり、ポイント還元、割引、半額、まとめ買い特割などの「セール」が毎日更新されています。

専用アプリの利用で書籍の整理が簡単

「BookLive(ブックライブ)」には、専用アプリがあるので、ダウンロードして利用することで、使いやすさが一段とアップします。月額料金はかからないので、とりあえずダウンロードするだけでも楽しめるでしょう。

 

【BookLive(ブックライブ)のアプリ機能】

  • 「ダウンロード」機能:オフラインでも読める
  • 「しおり」「マーカー」機能:気になる箇所をチェックできる
  • 「クーポン」:アプリユーザーだけに配布される無料・割引コンテンツあり

BookLive(ブックライブ)
の強み・メリット

「BookLive(ブックライブ)」のサービス概要と特長を踏まえた上での魅力は以下のとおりです。

【BookLive(ブックライブ)のメリット】

  • 国内最大規模の豊富なコンテンツ配信数
  • ほぼ全作品が無料で試し読み可能
  • Tポイントカードで書籍が購入できたり高還元率で貯まる
  • 本屋さんで取り扱っていない古い書籍なども購読できる
  • モッピーを経由するとポイントが貯まる
  • 他のサイトと比較して「サイトの見やすさ」「本棚の使いやすさ」が良い
  • ポイント、クーポンなどが充実してる

BookLive(ブックライブ)
の弱み・デメリット

電子書籍サービスは、複数を同時に利用するより、ひとつに絞って長期的に使うことをお勧めします。そのため、事前に悪い点も把握しておくことは大切です。

【BookLive(ブックライブ)のデメリット】

  • 1タイトル無料で読める数量が少ないので満足感に欠ける
  • 間違って本棚に入れてしまった作品を削除できないなどアプリのバグが起きやすい
  • ページをめくるときに、たまに次の巻まで飛んでしまうことがある
  • Kindleと比較すると充実度に劣る
  • 当日限定のクーポンなどが多く、お得なクーポンを消費しきれない時がある
  • 縦読みに対応していないコンテンツがある

BookLive(ブックライブ)
がおすすめの人

「BookLive(ブックライブ)」は、新作からマイナーまで幅広いジャンルの電子書籍を国内最大級の規模で取り揃えているので、基本的にはどんな人にもおすすめです。

中でも、メリット・デメリットを踏まえて、「BookLive(ブックライブ)」を特におすすめしたい人は、以下のとおりです。

電子書籍を初めて利用する人

電子書籍サービスは、部屋が散らからなかったり、時間に縛られることなく書籍が利用できて便利ですが、サービスを使いこなすのが難しい場合もあります。

その点、「BookLive(ブックライブ)」は、サイトの作りや検索方法がシンプルです。

電子書籍デビューを考えている人で、あまり複雑なサイトは使いこなせないと心配している人でも安心して利用できるでしょう。

Tポイントカードを頻繁に利用する人

Tポイントカードが利用できる電子書籍サービスは、あまりありません。

普段からTポイントを貯めているけど、使い道がなかった!という人は、この機会に漫画や書籍を購入してみてはいかがですか。

さらに、Tポイントを連動させながら「BookLive(ブックライブ)」で電子書籍を購入するだけで、ランクが上がっていきます。

「Tポイントユーザー」かつ「定期的に電子書籍サービスで購読を検討」している人にはピッタリです。

まとめ

この記事では、電子書籍サービス「BookLive(ブックライブ)」のサービスについて詳しく解説しました。

取扱コンテンツの豊富さ、無料・割引情報、Tポイント対応、専用アプリの充実など利用者にメリットの多いサイトであることが分かります。

なかなか外出しづらい環境だったり、忙しい人でもサクッと購読できる手軽さが魅力の「BookLive(ブックライブ)」。

初回登録限定のクーポンなどもついているのでぜひチェックしてみてください。

おすすめの記事